地上レーダ装置1号(改) JTPS-P23

提供: All Wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E8%A3%85%E7%BD%AE1%E5%8F%B7(%E6%94%B9)_JTPS-P23 より
コピー日時:2020年5月14日 (木) 17:44

テンプレート:Infobox radar 地上レーダ装置1号(改) JTPS-P23(ちじょうレーダそうちいちごうかい ジェイティーピーエスピーフにじゅうさん)は、陸上自衛隊の装備。

概要[編集]

製作は日本電気85式地上レーダ装置 JTPS-P11の後継として2005年度に装備化された。同時に82式地上レーダ装置 JPPS-P10の後継として地上レーダ装置2号(改) JPPS-P24が装備化されている。

本装置は高機動車に搭載される。偵察隊などに配備し、地上の敵人員や車両などに対する中距離・短距離からの監視レーダーである[1]。多目標追尾(60目標を自動追尾可)、目標類別支援(装軌車、装輪車の類別)の機能を持つ。アンテナには昇降機構があり、伸縮が可能。表示方式はPPI/Bスコープ(切換)[2]

開発経費は約20億円で、平成13年度に試作を開始、平成16年度までに技術試験及び実用試験を終了した[1]

配備[編集]

陸上自衛隊師団・旅団の偵察隊に配備される。

参考文献[編集]

テンプレート:Reflist

関連項目[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Side box」はありません。

テンプレート:陸上自衛隊のレーダ装置

  1. 1.0 1.1 “[[[:テンプレート:Ifempty]] 平成16年度政策評価書(事後の事業評価)]”. 防衛省. テンプレート:Accessdate/core
  2. テンプレート:Cite book