東港線 (台湾)

提供: All Wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B8%AF%E7%B7%9A_(%E5%8F%B0%E6%B9%BE) より
コピー日時:2020年5月14日 (木) 17:21


テンプレート:Infobox 鉄道路線 テンプレート:中華圏の事物

屏東線と東港線の分岐点(2004年撮影)

東港線(とうこうせん)は、台湾にかつて存在した台湾鉄路管理局鉄道路線である。

代からの重要な商港であった東港との連絡を目的に建設された、軍事輸送を主眼に置いた路線であった。しかし戦後に道路整備が進むと利用客は激減、廃止直前には年間60余名の利用者という赤字路線となり、1991年に一般業務を停止した。しかし、その後も支線である東港飛機場線の軍事需要があり、しばらく存続していたが、2002年に正式に廃止となり、2004年には屏東線から分岐の転轍器も撤去された。2010年代になって復活の動きがある。

歴史[編集]

運行形態[編集]

  • 旅客:1両編成の列車が往復していた
  • 貨物:支線として東港飛機線を有しており、軍事需要が存在した

使用車輌[編集]

  • DR2406
  • S200の牽引に依る普通客車
  • 軍運列車

駅一覧[編集]

駅名 駅番号 駅間
キロ
累計
キロ
等級 接続路線・備考 所在地
鎮安駅 198 0.0 0.0 一等 屏東線接続 屏東県 林辺郷
大鵬駅   3.2 3.2 廃止   東港鎮
東港駅   3.0 6.2 廃止  

関連項目[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Side box」はありません。

出典[編集]

テンプレート:Reflist

外部リンク[編集]

テンプレート:台湾鉄路東港線 テンプレート:台湾鉄路管理局 テンプレート:Rail-stub

テンプレート:Taiwan-stub